おなかがぽっこり!

少し冷えるかなと思う日が続きます。なかなか完全にはあたたかくならない気がします…。
あたたかい日が続いた時に抱卵しているのを見かけたメダカも、それ以来は卵を産んでいない様子。ちょっとまだ水温が低いのか日照時間が足りないのか…。ひなたにおいてある容器は結構水もあたたかくなっているようですが…。

今日はちょっと容器の水を換えたりしていたのですが、ふとみて見るとブチメダカでおなかがぽっこりしているのが数匹。

ブチメダカ

いつ産卵してもおかしくないぐらいにおなかが膨らんでいますね…。
あとは卵管づまりや卵巣不全になっていないことを祈るぐらいですね。

さて、卵管づまりや卵巣不全について。
卵管づまりは排卵の時にオスがいなかったり、オスに相手にされないといったときに起こるものです。排卵ができずに卵が卵管に残ったままになるメダカの病気です。対処法としてはオスの比率を増やすなどの方法をとると良いと思います。
また、似たような病気で卵巣不全もあり、コチラの場合は卵巣が腫れ上がって排卵ができなくなる病気です。悪化するとダルマのようにパンパンにお腹が膨らんでしまう場合があり、こうなってしまうとほぼ治療するのは難しいです。

とりあえず産卵床を投入して様子を見ることにしましょうか!

コメント

このブログの人気の投稿

産卵床の作り方

かさかさ…

目の黒いうちは…!