目が…目が…!

先日、飼育容器の清掃と水換えをしていたのですが…。
ふと目にとまった幹之メダカが一匹…。

片目が……!

ポップアイ
※ちょっと痛々しいので画像サイズを小さくしました…。ご覧になりたい方は拡大してどうぞ…。

ポップアイという病気だと思われます…。
ポップアイは名前の通り、出目ではない種類なのに目が肥大して飛び出てしまう病気です。ポップアイは主にエロモナス菌という細菌が感染して起こる病気だそうです。水質悪化や異常な加温が原因となることもあります。
細菌による感染であれば塩水浴や薬浴で治療は可能ということですが…。とりあえずこのメダカを他から離してどうするか考え中です…。

確かにこのメダカがいた容器は冬前に産まれた稚魚の容器だったので、冬越しをさせるために加温していたりしましたし、冬場足し水のみで容器をあまり清掃していなかったです…。それが原因になったのかもしれません。

ちょうど水換えをしていたので水質のリセットという意味ではよかったかもしれませんが、細菌による感染の場合は同じ容器のメダカも少し心配ではあります。
メダカの細かな変化を見落としていた自分自身のミスであるので悔やまれます…。他のメダカに影響がないといいのですが…。

コメント

このブログの人気の投稿

産卵床の作り方

かさかさ…

目の黒いうちは…!