大切な水

メダカを飼育する上で最も大切といえるのが飼育する水です。

私の住んでいるところは田舎で地下水を汲み上げているのでその水を使っています。
その点ではとてもメダカの飼育に恵まれていると思います。

通常は水道水を使用すると思いますが水道水は消毒に塩素などが使われているのでそれを抜かないといけないので注意です。
水を汲み置いて一日程度たった抜けたものを使うとよいみたいです。

メダカの飼育には弱酸性から弱アルカリ性の範囲、中性付近のものが良いと言われています。
水は飼っていくうちに排泄物などいろいろな変化で酸性になっていくようです。
あまりに変化しすぎると飼育環境にとってよくないことなので、やはり定期的に水を変えたり注ぎ足したりしたほうがよさそうです。

メダカを飼って入る中でやはり水との相性というものがあるように感じます。
やはり水があっていないとメダカに悪影響がでてしまい産卵や成長にも悪いです。

メダカが快適に泳げる水を常に用意したいものですね。

コメント

このブログの人気の投稿

産卵床の作り方

かさかさ…

目の黒いうちは…!